世のため人のために生きる

 この世で、最も幸せな生き方をご存知ですか?それは、世のため人のために生きることです。社会や他人から助けてもらいたい思い、それでは、幸せは感じることはありません。人から与えられてばかりだと、真の幸せは感じられないのです。生き方が受身だからです。受身の人生はつまらないものです。人は自分で自分の人生をコントロールできる立場になった時、最も生き甲斐、そして幸せを感じるのです。

 世の中の良好な人間関係は、往々にして「ギブ&テイク」と言われます。しかしここでは「ギブ&ギブ&ギブ」の法則を述べてみます。徹底して相手に与え続けることです。ちょうど親が子に対してするようなことです。徹底したギブだから。何事も徹底してやらなければ、メッセージとしては伝わりません。3回続ければ、ほとんどの場合、伝わるとされています。

 人に何かを与え続けば、必ずそのいい原因による結果は自分に返ってくる。必ずしも同じ人とは限りませんが、誰彼ともなく与えたものが返ってきます。

 誰かに「ギブ&ギブ&ギブ」を実行したら、その相手は必ずあなたのファンになります。たとえばあなたのためになる情報や人を紹介してくれたりします。
その人はあなたの強力な味方になってくれるのです。「ギブ&ギブ&ギブ」を周りの人全員にすると、周りの人全員があなたのファンになってしまします。あなたは、彼らから発せられる感謝の気持ちとあなたの成功への願い・祈りで、どんどん運が良くなることでしょう。

 徹底して世のため人のために生きようとしたら、自分に力をつける必要があります。自分のためだけではなかなか努力も続かないものですが、世のため人のためなら、実はすごくエネルギーが出てきて頑張れるものです。母親が子供のためになると、信じられない力が出せるものと同じことです。

            「人生と仕事を成功に導く言葉」 致知出版より

 世の中は開放空間のようですが、実は閉鎖空間なのです。お風呂でお湯を自分の方から、奥で追いやると、脇からお湯が入ってきます。これと同じで善きことを他人に施すと、巡り巡って善きことが自分に戻ってくるのです。
ページの先頭へ