能力を未来進行形で考える

 現在の自分の能力で、「出来る」「出来ない」を決めてしまったのでは、新しいことにチャレンジし、より高い目標を達成していくことはけっしてできません。[現在の能力では出来ないものを、なんとしても成し遂げよう]という強い思いがなければ、新しい分野を開き、高い目標を達成することなど出来ないのです。「人間は無限の可能性を持っている」のです。つまり、「人間の能力は未来に向かって限りなく伸びていく可能性を持っている。このことを信じて、自分の人生に夢を描こう」ということを、私は言いたいのです。

 しかしながら、多くの人が「自分にはできません」という言葉を、仕事や人生で、いとも簡単に口にします。現在の自分の能力で考えて、「できる」「できない」をすぐに判断してしまうのです。そうではありません。人間の能力は、未来に向けて必ず成長し、進歩していくものなのです。

 実際にみなさんの今の仕事は、数年前には、「とても自分には「できそうもない」と思われた仕事であったのではないでしょうか。しかし今では、それがいとも簡単にできるようになっています。

 「私は勉強もしていないので、知識も技術も持ち合わせません。だからできません」と言うのではなく、「私は勉強していないから、知識も技術もありません。しかし、やる気はありますから、必ず来年にはできるようになるはずです」と考えるべきです。今より、勉強し、知識を獲得し、技術を習得すれば、未来には秘められた能力を開花させ、素晴らしい成長を遂げていけるはずです。

 絶対に「出来ない」と言ってはなりません。難しい課題を前にしたら、まずは自分の無限の可能性を信じることが先決です。「今はできなくても、努力をすればきっとできるはずだ」とまずは自分の可能性を信じ、次に必要となる能力をいかに伸ばしていくかを、具体的に考え尽くしていかねばなりません。それこそが、明るい未来へと続く扉を開けることになるのです。
ページの先頭へ