人生の王道より

 かって日本の社会のいたるところに、上質の人間がいました。たとえ経済的に豊かでなくても高邁に振る舞い、上に媚びず謙虚に接し、自己主張することもなく、他に善かれかしと思いやる?そんな美徳を持った日本人がたくさんいました。
 またそのような人々によって構成されていた集団も、自ずから高い品格を備えていました。たとえば、ものづくりの現場には、自分がつくった製品でお客様に喜んでいただけることを誇りに思い、品質管理を強制されずとも、自分が手がけた製品の品質や出来映えに、万全の注意と細心の心配りを払い、手の切れるような上質の製品をつくる人々が存在しました。

 それは、商品を売る店頭でもまた同様でした。駆け出しの店員であろうと、一生懸命にお客様の身になって尽くしました。その上質のサービスも決して上司に言われたからではなく、またマニュアルに書いてあるからでもなく、思いやりに満ちた優しい心から自然に発露してくるものでした。

 日本の企業が、そのような上質の人間に支えられていたからこそ、今日の日本経済の発展があるのだと思います。

 ところが近年、世の中を見渡せば、以前にはとても考えられなかったような、ひどい出来事が続いています。食品偽装事件やリコール隠し、粉飾決算やインサイダー取引に見られる、不祥事の数々です。官庁でも同様です。家庭でも「親殺し」あるいは「子殺し」といった悲惨な事件が続いています。私は、そうした社会の現象もすべて、日本人の質的低下がもたらしたものだと考えています。

 戦後60年、日本人は廃墟の中から敢然と立ち上がり、奇跡的な経済発展を成し遂げました。その結果、確かに物質的には豊かさを得ましたが、逆に精神的な豊かさを急速に失いつつあるのではないでしょうか。

 この進み行く心の荒廃こそが、日本人をして、その質が劣化してしまったようにみえるのです。また、現代の日本社会に混迷と混乱をもたらしている真因なのです。古今東西の歴史をひもとけば、国家は隆盛と没落を繰り返しています。国民が真摯に努力を重ねることで、国家が成長発展を遂げると、やがて国民が慢心し驕り高ぶるようになり、国家が没落することを繰り返しているのです。国家の盛衰は、国民の心の様相と一致しています。

 今こそ、日本人一人ひとりが、精神的豊かさ、つまり美しく上質な心をいかにして取り戻すかを考えなければなりません。年齢を問わず、すべての日本人が改めてその品格、品性を高めることができれば、日本人は世界に誇れる上質な国民が住む国として、再び胸を張れるようになるはずです。私は、それこそが、真の日本再生であると考えています。
 
人生の王道「西郷南洲の教えに学ぶ」 稲盛和夫より
ページの先頭へ