努力の上に、辛抱という棒をたてろ

私の人生を支えてくれた父親の言葉 桂小金治

 ある日、友達の家に行ったらハーモニカがあって、吹いてみたらすごく上手に演奏できたんです。無理だと知りつつも、家に帰って ハーモニカを買ってくれと親父にせがんでみた。すると「いい音ならこれで出せ」と神棚の葉を一枚取って、それで「ふるさと」を吹いたんです。あまりの音色の良さに僕は思わず聞き惚れてしまった。もちろん、親父は吹き方など教えてはくれません。

 「俺にできておまえにできないわけがない」。そう言われて学校の行き帰り、葉っぱをむしっては一人で草笛を練習しました。だけどどんなに頑張ってみても一向に音はでない。
諦めて数日でやめてしましました。

 これを知った親父がある日「お前は悔しくないのか。俺は吹けるがおまえは吹けない。おまえは俺に負けたんだぞ」と僕を一喝しました。続けて
「一念発起は誰でもする。実行、努力までならみんなする。そこでやめたらドングリの背比べで終わりなんだ。」「一歩抜きんでるには 努力の上に辛抱という棒を立てるんだよ。
この棒に花が咲くんだ」とその言葉に触発されて僕は来る日も来る日も練習を続けました。そうやって何とかメロデイーが奏でられるようになったんです。

 草笛が吹けるようになった日、さっそく親父の前で披露しました。得意満面の僕を見て親父は言いました。「偉そうな顔するなよ。何か一つのことができるようになった時、自分一人の手柄と思うな。世間の皆様のお力添えと感謝しなさい。錐だってそうじゃないか。片手では錐は揉めぬ」

 努力することに加えて、人様への感謝の気持ちが生きていく上でどれだけ大切かとういことを、この時、親父に気づかせてもらったんです。翌朝、目を覚ましたら枕元に新聞に包んだ細長いものがある。ハーモニカでした。喜び勇んで親父のところに駆けつけると、
「努力の上に辛抱を立てたんだろう。花が咲くのは当たりめえだよ」子供心にこんな嬉しい言葉はありません。あまりに嬉しいものだから、お袋にも話したんです。するとお袋は
「ハーモニカは3日も前に買ってあったんあだよ。お父ちゃんが言っていた。あの子はきっと草笛が吹けるようになるからってね。」僕の目から大粒の涙が流れ落ちました。

 いまでもこの時の心の震えるような感動は、色あせることなく心に鮮明に焼き付いています。
 かっての日本にはこのような 親子の心の触れ合いが息づいていたんです。

                       「一流たちの金言 」 致知出版より
ページの先頭へ